BLOG

白石区で骨盤矯正に強い整骨院

2019/05/16
ロゴ

こんにちわ(^-^)

 

えがお鍼灸整骨院です。

 

今日は骨盤矯正について書きたいと思います。

 

骨盤とは、解剖学的に言うと腸骨、坐骨、恥骨、仙骨からなる骨です。

 

☆骨盤がずれるとどうなるの?☆

 

1.太る

2.腰に痛みが出る。

3.お尻が大きくなる。

4.足が上がりにくくなる。

5.体が硬くなる

などがあります。

 

これから1~5について一つ一つ説明していきます。

 

1についてですが骨盤がずれると骨盤周辺の筋肉が落ちてしまいます。

筋肉が落ちることによって、まず代謝が落ちます。代謝が落ちることによって太ります。

また、筋肉が落ちると、骨盤の中に臓器が入ってしまい、下腹部がぽこんと出てしまうこともあります。

そうなってしまうと、消化がうまくできなくなって、便秘や軟便になってしまいます。便秘になると排便がなされないため、太ります。

軟便の場合は排便はされていますが、消化不良のため身体自体が栄養失調状態に陥り、蓄えようとするため太ります。

 

2についてです。

骨盤の骨にも関節はあります。

一番重要な関節がちょうど腰からお尻の割れ目にかけてある、仙腸関節です。

この関節は2~3cmくらいしか動かない関節なんですが、身体の軸となる関節です。

仙腸関節が動かなくなると身体の軸がずれて、腰に痛みが出てきます。

腰以外にも肩こりや頭痛になる可能性が高いです。

 

次に3についてです。

骨盤が広がることによって丸い形のお尻ではなく、四角や下に垂れ下がったお尻になってしまいます。

 

4についてです。

骨盤がずれると、すり足になってしまい、歩き方がおかしくなってしまいます。

歩き方がおかしくなることにより、膝や腰に負担がかかり、足の動きが悪くなります。

これをほおっておくと膝の痛みや股関節の痛みなどが起こってきます。

 

最後に5についてです。

骨盤がずれることによって、お尻が大きくなり、筋肉量が減って、脂肪が増えるため身体が硬くなります。

身体が硬いとどんなことが起こるでしょうか?

身体が硬いと、下からものを持ち上げるときに持ち上げにくく、腰に負担がかかり、ぎっくり腰になってしまうことがあります。

ほかにも、運動のパフォーマンスが低下したり、歩くスピードが遅くなったりと様々なことが起こってきます。

 

こうならないためにも骨盤矯正を行ったほうが、快適な生活を送れますし、骨盤矯正を行うことで血行が良くなり、顔色もよくなりますので是非お試しください。

 

当院はほかの整骨院のように大きい看板はありませんので、ご来院の際はTELまたは、mailまでお問い合わせください。

 

TEL:011-826-3462

Mail :egaoshinkyuseikotuin@gmail.com

携帯 :080-5582-3629