BLOG

暑くなると怖い脱水|白石区えがお鍼灸整骨院

2019/05/23
ロゴ

皆さんこんにちわ(^-^)

 

えがお鍼灸整骨院院長大湊達也です。

 

今日のテーマは『怖い脱水症状』です。

 

今週末35℃の予想も出ている北海道ですが、これから夏になると暑くなります。

その時に危険なものが脱水です。

 

脱水になったらどうなるの?

 

①水がほしくなる・・・脱水になると身体の水分量が減ってしまうため、身体は外部から補おうとして※水分を取ります。

 

②倦怠感に襲われる・・脱水になると血液の流れが悪くなり、栄養や酸素不足により100ⅿを走った時のような倦怠感が襲ってくる。

 

③熱っぽくなる・・・・血液は体温を下げる働きもしているため、循環が悪くなり、体温を蒸発させることができなくなる。

 

④体が動かなくなる・・循環が悪くなった体は筋肉にも栄養がいかなくなるため身体が動かなくなってしまいます。

 

※水分として摂取するのにいいのが、お水でも構いませんが、ナトリウムも身体から出てしまうため、出来ればコップ1杯の水に砂糖と塩を小さじ1杯ずつ入れなものをとるといいと思います。

 

この症状が出ると命の危険もありますので皆さんも水分補給をしっかりして、これから来る暑い夏を乗り切りましょう。

 

もっと詳しいことが聞きたい方は

えがお鍼灸整骨院

住所:札幌市白石区中央1条7丁目4-3

TEL :011-826-3462(9:00~19:00)

携帯:080-5582-3629(24時間対応)

mail:egaoshinkyuseikotuin@gmail.com