BLOG

マッサージは強い刺激がいい?|白石区えがお鍼灸整骨院

2019/06/02
ロゴ

皆さんこんにちわ(^-^)

 

えがお鍼灸整骨院院長大湊達也です。

 

今日のブログのテーマは『マッサージは強いほうがいいの?』です。

 

格安のマッサージ店がいくつも立ち並んでいますが、皆さんは行かれたことはありますか?

 

私自身もとあるお店で働いたことがあります。その中でお客さんが強くマッサージしてくださいと言われることがあります。

 

お客さんの言葉を借りると

『痛いくらいのマッサージじゃないと効かないんだよね。』

『強く揉まないとこのコリは取れないしょ』

『マッサージ=痛いでしょ』

 

という方がいます。

 

しかし、痛いマッサージはかなり危険です。

 

強いマッサージは何が危険なのでしょう?

危険なものをいくつかあげます。

①筋肉を壊す可能性があるため、痛みやコリが倍増する。

②揉み返しや体調不良を起こしやすい。

③強く揉むことで骨折の可能性がある。

 

①についてですが強く揉むと筋肉の線維が傷ついてマッサージが終わった時はすっきりしますが、マッサージ前より身体の重さや痛みを感じることがあります。

 

②についてですが、①でも言いましたが筋肉の線維が傷つくことにより、揉み返しが通常より起こることがあります。また、筋組織が傷つくことにより、体調不良が起こることがあります。

 

③ついてですが、強くマッサージすると力強く揉むことにより、骨折を起こすことがありります。

 

このことにより、マッサージを受けるときは緩くても筋肉はほぐれるので、緩くやりましょう

 

えがお鍼灸整骨院

住  所:札幌市白石区中央1条7丁目4-3

電  話:011-826-3462

携  帯:080-5582-3629

mail:egaoshinkyuseikotuin@gmail.com